mv

転機が訪れた際に!

自身の今後がかかっている人生の転機で入る人が多いものが、万が一の場合の生命保険ではないでしょうか。ことに子供が生まれたということなら、たとえそれまでに保険を考えたことがない人でも、それこそ娘のためということで加入する人が増えるようです。そんなときに度々質問されるのがおすすめはどれか、ということなのですが、保険は、その人の今後の環境や希望にかなり左右されるということで、希望や条件を上げながら適した保険の商品を何個か比べて選ぶ、というのがおすすめの決め方なのです。最近ではファイナンシャルプランナーが中立の立場で、それぞれの会社のいろいろな保険の種類を教えてくれるシステムも準備されているので、そういったサイトを使用することも良いと思います。

イメージ画像



若者では、生命保険がなぜ重要なのか、というのはそこまでピンとこないかもしれないですね。とりわけ独身であれば、自分の身に万が一のことがあっても、親、兄弟にお金を渡したい、というような思いはない若者のほうが多いと言えます。けれど、結婚して家族を持つと、保険の必要性がよく理解できるのではないでしょうか。例えば、自分が世帯主で娘がいるとすれば、自分の身の上に不測の事態が起きた場合、残った妻子はどのように生活していけば良いのか?ということです。

生命保険を契約している場合、保険金で、それなりの生活や子供の学費をカバーすることが可能なのです。決して安くはないですが、月々の掛け金でいざという場合の大きな安心になるとなれば、保険の重要性も理解できるはずです。

生涯で家に続いて高いと噂される生命保険なので、なるべく上手に活用して、ちょっとでも手元にお金が戻ってくれば良いですよね。

保険の中には、掛け捨てと積立の2種類存在するのですが、どちらのほうがより、お得と言えるでしょうか?はじめに、掛け捨てはその名の通り、解約しても掛け金は払い戻されませんが、保障内容をポイントにした保険なので、比較的安価な月額料金で大きな保障内容を約束されることがメリットなのです。他方、積立保険は、解約すると、まとまったお金がバックされる保険のことで、貯蓄保険とも言われています。積立保険は、保険料は掛け捨てに比較すると高くなってしまいますが、貯蓄性ということで、貯めながら一方では保障も付帯している、と考えることができるでしょう。

更新履歴

2014.05.17
»サイトをアップしました。
2014.05.26
»ページを追加しました。